根っからの頑固な癖毛、縮毛矯正も効果に限度が・・・

髪の毛とは人の印象を大きく左右するものなのでとても気になるものです。特に女性の場合はそうです。同じ顔や服装でも髪型や髪の質が違うだけで印象が180度変わったりしますからね。幸いなことに、20代の私はさすがに薄毛や抜け毛の問題は今のところありません。それより気になるのが癖毛ですね。これはもう子どものときから嫌だなと思っていましたが、解決法を色々と試してみた今となっては、やはり何をやっても効果にはある程度の限界があるのだなと思ってしまいました。もちろん対策をしないよりはした方が良いのですが。

私の髪の毛は元々硬くて太く、高校のときに初めてパーマをかけてもらったときも美容師さんには「髪の毛太いからパーマ液も浸透しにくいね、本来はあまりパーマに向いていない髪の毛だよ」と言われました。思うのですが、髪の毛が綺麗に真っすぐの伸びていて硬くて太いのなら頑丈で綺麗で良いと思うのですが、私の場合は昔から癖毛が酷いので癖毛も固く固定されてしまっているのですよね。癖毛を生かそうと思ってかけようと思ったパーマなのになんだか残念でした。薬局で育毛剤でも買おうか検討しています。

そして20歳の時には初めて縮毛矯正をかけてみました。パーマとは正反対の、髪の毛を真っすぐにするための縮毛矯正です。確かに初めてということもありかなり驚くほど髪の毛が真っすぐになりました。前髪も濡れても真っすぐのままなのは感動しました。それ以来、前髪は半年置きぐらい、後ろ髪は二年置きぐらいに縮毛矯正をかけるようになったのですが、一度目より大分効果が薄れていることが分かります。

今となっては前髪は縮毛矯正をかけてるにしては少しうねりが出ますし、髪の毛を洗って乾かした直後は真っすぐでも、一日お風呂に入らなかっただけでうねってしまいます。お風呂に入らなかった次の日は前髪のうねりでバレてしまいます。露骨で嫌ですね。縮毛矯正の効果は一度目がどうも一番高価が表れるみたいですね。

縮毛矯正も繰り返しているうちに段々効き目がなくなって行くので、やはり根っからの頑固な癖毛の私にも真っすぐな髪の毛を保つことは少し難しいのかもしれません。何もしないでも髪の毛が真っすぐな人が羨ましいです。これからは前髪はパッツン前髪ではなくて試しに長く伸ばして耳の後ろにかけるスタイルにしてみるかもしれません。そしたら前髪のうねりはあまり分からないはずですからね。