間違ったヘアケア方法で髪がさらに酷くなった経験。

高校卒業後、初めて髪の毛を染めたりパーマをかけたりしました。
元々髪の毛の色素が薄く、細く、傷みやすい髪質ではありましたが上記の行為で更に酷くなり、くしでとかしても髪が絡まったり毛先がパサついたりするようになりました。
美容室に行くと毎回高いトリートメントを勧められたり、同僚に毎回ヘアケアグッズをプレゼントされたりと自分だけではなく周りにも認識される程傷んでいて困っていました。
実際に勧められるがままに高いトリートメントをしてみても効果は一時的で次に美容室に行くタイミングまで効果がもたないので頭を抱える日々は改善されませんでした。
自宅でも髪を乾かす際にアウトバストリートメントを塗ったり、タオルでゴシゴシ拭いたりしないなど最大限気を遣いましたがどれも一時的でした。
ただ、美容師さんにこの感じは髪を上手く乾かせていないからかもしれないと言われ乾かし方のアドバイスをもらいました。
確かに外側は乾かせてても完全に乾かしきれていない日が多かったので毎日きちんと乾かすようになりました。
そうすると絡まったりすることはまずなくなりました。
朝から絡まりをとく膨大な時間が必要なくなって有意義な時間を過ごせるようになりました。
また今までダラダラと長い時間をかけてドライヤーをしていたのですが、こすらないようにタオルでドライしてからなるべく短時間で乾かすように心掛けたところパサつきもだいぶ落ち着いてきました。
ただ毛先のパサつきについてはまだまだ健在なので、こまめに美容室に行き整えたり明るいトーンの色にせず痛みを目立たせないなどの対策をしていくつもりです。
高いトリートメントをたまにやるのではなくこまめにできるようなトリートメントを選びます。

※もう騙されない!前橋でひげ脱毛に失敗する人、成功する人・・・